中野会計事務所トップページ >>  スタッフブログ  >> 平成30年4月から国民健康保険制度が変更されました。

スタッフブログ

平成30年4月から国民健康保険制度が変更されました。

投稿者:青木 崇典苫小牧

|2018年04月11日(水)

国民健康保険制度の安定化を図るため、4月より新制度が開始されました。

今まで国民健康保険は市町村が運営していましたが、今後は各都道府県と共同運営することに
なります。

■国民健康保険の現状・・・市町村が個別に運営
●加入者に高齢者が多く、医療の高度化も伴って医療費が年々増加している。
●所得の低い加入者(非正規労働者、年金受給者)が多く、保険税を集めにくい。
●同じ所得でも市町村ごとで保険税に差がある。

 このままでは、財政運営が成り立たなくなる市町村が出てくる可能性がある。


新国保.jpg
これからの国民健康保険 
  (平成30年4月から)

●市町村の医療費は全額、各都道府県が負担し、市町村は各都道府県へ国保事業費納付金を納める。

●市町村は各都道府県が定める国保事業納付金を徴収するために、保険税を決定する。

●市町村と各都道府県で支え合って国民健康保険を運営し、市町村間の保険税格差の是正を目指す。



各都道府県が大黒柱として市町村を支えることにより、国保の財政運営の安定化が図られます。

また各都道府県で保険税水準の標準化を進めることができます。

保険税の動向などについてはこちらをご参照ください。
 

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP