中野会計事務所トップページ >> Webマガジン 日本ビジネスモデル鑑定士協会 >> <第32回>料理教室のビジネスモデル

Webマガジン 日本ビジネスモデル鑑定士協会

<第32回>料理教室のビジネスモデル

|2018年07月14日(土)

▽▲▽▲━━━━━━━━━
 
 
AI時代の新規事業
 
 やがて到来する
 不透明なAI時代に
 わくわくするような
 ビジネスモデルを
 考えるメールマガジン
 
 
━━━━━━━━━▽▲▽▲
 
 
「料理教室に
 ビジネスモデルなんて
 あるの?」
 
ふだん料理教室と
縁のない人が
そう思うのは
無理もありません。
 
ですが、
どうしてどうして
料理教室は
ビジネスモデルの宝庫です。
 
料理教室は
アイデアをすぐに
「実験」できるので
 
変わったバリエーションが
生まれやすいのです。
 
頭の柔らかい人にとっては
面白いでしょうね。
 
 ▽
 
料理教室というと、
かつて昭和のころは
もっぱら花嫁修業の場
とされていました。
 
しかし時が流れ、
世の中が複雑になり、
多様な価値観で
構成されるようになると、
料理教室の姿も
変わってきました。
 
たとえば
* 男性向けの料理教室
* リタイア層向けの料理教室
* アスリート向けの料理教室
など、
ターゲットを特定した
料理教室が次々と
考え出されています。
 
それもお遊び程度ではなく
本格的なものです。
 
「小学校高学年の
 男の子限定」
という、
極端に狭く特定した形の
料理教室すら
存在しています。
 
そのほか、近年の傾向として
「外国人向け
 日本料理教室」
も増えてきているのは
想像に難くないでしょう。
 
また、
「テーマを絞った料理教室」
というのも
さまざまに出てきています。
 
* イスラム(ハラル)料理
 専門の料理教室
 
* 韓国料理専門の料理教室
 
* タイ料理専門の料理教室
 
* デザート専門の料理教室
 
などは、そのほんの一例です。
 
もう少しテーマの複雑な
料理教室もあります。
 
たとえば、
英語オンリーの料理教室。
 
 料理教室というよりも
 料理を通じて
 英語に親しむのが目的。
 
 料理教室というよりも
 英会話スクールに近い。
 
たとえば、
国語・算数・理科・社会
などが学べる料理教室。
 
 スイカを立方体に切って
 サイコロを作り、
 算数の勉強にする
 
 料理にバナナを使いながら
 バナナが栽培されている
 国々の地理を学ぶ
 
 メイラード反応を見ながら
 化学について学ぶ
 
 といった内容です。
 
 料理教室というよりも
 料理を利用した学習塾
 に近い。
 
 ▽
 
まだあります。
 
<まだある その1>
 
ABCクッキングといえば
もはや有名な
料理教室ですが、
 
教室をガラス張りにして
道行く人々が
中をのぞけるようにしたのは
衝撃的でした。
 
昭和の花嫁修業的な
料理教室の場合、
受講者の受講目的は
「料理上手になること」
でしたが、
 
ABCクッキングは
 
 料理をしている姿を
 人に見せること、
 演出することの快感
 
という新しい商品を
生み出したからです。
 
誰が発想したのか
筆者は不勉強ゆえに
存じ上げないのですが、
天才だと思います。
 
<まだある その2>
 
ここ数年の
料理教室のトレンドとして
 
 作らない料理教室
 
があるのをご存知ですか?
 
料理教室のくせに
料理をしないのです。
 
正確にいうと
 
 講師は料理の
 デモンストレーション
 をするが、
 生徒はそれを見るだけ
 
 生徒はそれを見学し、
 作り方をメモした後、
 講師が作った料理を
 みんなで食べて帰る
 
というもの。
 
料理教室なのか
レストランなのか
よく分かりませんが、
 
「料理教室に行きたいけど
 エプロンを用意したり
 自分で食材を切ったり
 煮たり焼いたりするのは
 面倒でいやだ。
 手も汚したくない。
 でも料理教室には
 生きたい」
 
という矛盾した需要が
実際に存在するので、
「作らない料理教室」が
成立しています。
 
 ▽
 
さて、
これだけいろいろな
料理教室が出てくると、
アイデアはだいたい
出尽くしたのではないかと
思うかもしれませんが、
そうでもないようです。
 
おそらく日本には
まだないと思われる
海外の料理教室を
2つ、紹介しましょう。
 
1つめは、
 
<「社用」料理教室>
 
ビジネスに利用される
料理教室です。
 
今から20年ほど前、
フランスはパリで誕生した、
とある「社用」料理教室。
 
人気が高まったため、
その後、
イギリスのロンドンにも
進出しています。
 
この料理教室の
主なターゲットは
ビジネスパーソンです。
 
ランチタイムと
ディナータイムに
教室を開催します。
 
まずランチタイムですが、
昼休みが1時間しかない
多忙なビジネスパーソンが、
同僚と一緒にやってきて、
「30分で作り30分で食べる」
 
料理教室の現場では
あらかじめ
30分で料理が仕上がるよう
準備ができており、
そのための
インストラクターも
ついています。
 
インストラクターの
指導を受けながら、
同僚と協力して
30分で作ります。
 
料理が出来上がったら、
残り30分で
料理を味わいます。
 
同僚との親睦を深める、
いわゆる
「チームビルディング」
の場として
利用されているわけです。
 
次に
ディナータイムですが、
ビジネスパーソンが
「取引先」と一緒に
やってきて、
一緒に作り一緒に食べる。
 
ようするに
接待に使われます。
 
通常の接待では
「食べるだけ」
ですが、ここでは
「一緒に料理を作ります」。
 
ただ食べるだけよりも
料理という
共同作業をすることで
取引先との距離がさらに
縮まるとのこと。
 
 ▽
 
2つめは、
 
<「うつ防止」料理教室>
 
かつて作家の
バージニア・ウルフが、
こんなことを言っています。
 
One cannot think well, 
love well, sleep well,
if one has not dined well.
 
(ちゃんとした
 食事がなければ、
 考えることも、
 愛することも、
 眠ることも、
 じゅうぶんにはできない)
 
つまり食事は
メンタルヘルスの基本だ
ということですね。
 
アメリカの精神科医、
心理学者、セラピスト
などのあいだでは、
 
「料理をするという
 一連の行動」
すなわち
 
* レシピや献立を考える
 
* 健康的な食材を選ぶ
 
* 段取りを考えながら
 作業を進める
 
* 料理に集中し、
 手を動かす
 
* 味や香りを確認しながら、
 美味しいものに仕上げる
 
* 仕上がった料理を
 誰かと一緒に食べる
 
といったことが、総合的に
 
「うつ病の予防に
 使えるのではないか?」
 
と考えられています。
 
そうした考えにもとづいた
 
「医学的な料理教室」
 
が、アメリカで
誕生しています。
 
 
━━━━━━━━━━━━━
 
■発行者情報
 
 日本ビジネスモデル
 鑑定士協会
 
━━━━━━━━━━━━━
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP