サービス案内 中野会計で提供できるサービスや得意とする分野についてご紹介いたします

中野会計事務所トップページ >> サービス案内 >> 相続

相続

相続を「争族」にしないために今すべきことがあります

法律は弱者の味方ではなく、知っている者の味方です。相続の手続は、人生最後の集大成である為、非常に複雑多岐にわたります。そのためどこに相談すればよいか分らないという方が多く、手続が遅れると経済的な不利益を受けることもあります。我々はまず無料相談を行い、必要に応じて併設の「日本相続知財センター」や弁護士、行政書士等の専門家と共同で手続を代行いたします。依頼者の心理的、時間的、金銭的な負担を軽減することに全身全霊を尽くします。

  • よくあるお悩み
  • 中野会計の強み・考え方
  • 提供サービス
  • 支援体制
  • 参考事例

よくあるお悩み

このような経営者の方、一度お問い合わせください。
ひとつでも該当する方は、早急に対策を打つ必要があります。お話伺います。

  • 税制改正によって自分にどのような影響があるのか、詳しく知りたい
  • ご自身が亡くなった場合の遺族間同士の争いだけは避けたい
  • 誰に、何を、どのくらい財産を分けていけばよいのかよく分からない
  • 顧問税理士には相続対策のノウハウがなく、適切なアドバイスがもらえない
  • 不動産を多く所有しているので、納税資金の確保ができるか不安を抱えている
  • 生前贈与をするべきなのか迷っている
  • ご自身が亡くなった場合の相続税がどの程度の負担となるのか知りたい
  • 会社の経営は順調だが、ご自身の先行きについてあまり考えてこなかった

中野会計の強み・考え方

  • 国税局出身税理士が、相続に関係する最新の業界情報や税制改正の動向を常にキャッチしております
  • グループ企業内に「日本相続知財センター」を併設しております
  • 「日本相続知財センター」が相続手続には避けて通れない弁護士・司法書士・社会保険労務士・行政書士等の専門家と連携しています
  • これらの専門家との窓口を「日本相続知財センター」が一本化してお受けします
  • 多大な労力と専門的知識を必要とする相続の手続きを、スムーズかつ円滑に代行・サポート支援いたします
  • お客様の心理的負担を可能な限り軽減することを目指します

提供サービス

相続税申告
詳しく見る
相続税対策
詳しく見る
贈与税申告
詳しく見る
「争族」対策
詳しく見る
相続手続き
詳しく見る
相続税申告

税理士の力量によって大きく税負担が左右されるのが相続税の申告です。
当事務所は相続に特化した専門の税理士が皆様の不安を一気に解消することを自負しております。創業53年の長い歴史の中で他の会計事務所を大きく超える1,000件以上の遺産相続をサポートしてきました。実績と経験に裏打ちされた相続専門税理士事務所です。悩む前にまずはご相談してください。

相続税対策

相続対策の基本は、1.争族対策、2.納税資金対策、3.節税対策です。
当事務所は、積極的に不動産や生命保険を活用しながら変化する税制改正にも都度柔軟に対応できるような独自な対策のススメを行ってきました。
まずは当事務所にご相談してください。

贈与税申告

相続対策のひとつとして生前贈与があります。
1.暦年課税制度は、110万円の基礎控除があります。
2.相続時精算課税制度は、2,500万円の特別控除があります。
3.改正法では、新たに孫の教育資金1,500万円の贈与特例が創設されました。
これらは状況の応じて上手な方法がありますので、まずは当事務所にご相談してください。

争族対策

ご遺族同士の骨肉の争いは、後に家族が疎遠になるなど不幸な事態を招きます。 残された人の負担を少しでも軽くし、不満を和らげ相続に直面してからも慌てることのないよう事前対策が必要です。まずは日本相続知財センター札幌にご相談してください。

相続手続き

お客様の相談内容について、個々に分かりやすくお答えできる「日本相続知財センター札幌」スタッフチームが常駐しておりますので、煩わしい各種手続はお任せください。まずはご相談してください。

参考事例

相続税申告から更正請求の
適用事例
相続で遺産分割協議が長引いた結果、期限内での相続税申告が間に合わない可能性が高く、配偶者の税額軽減の特例が受けられずに多額の税負担を強いられる状況でした。申告期限である相続開始の翌日から10ヶ月以内を目前とした状況で、その期限内に「申告期限後3年以内の分割見込書」を提出することで、一旦相続税は納付したものの、その2年後に無事遺産分割協議が完了し、さらに特例の適用を遡って受けることにより、一旦納付した相続税を取り戻すことができました。

税務調査の対応事例
相続税の申告をした後に税務調査の対象となることがあります。確率論だけで言えば法人税や所得税よりも高い確率で調査が実施されます。一般の方には馴染みのないものだけに皆さん戦々恐々とされ、その中でも特に問題となるのが「名義預金」です。本件も事前に税務署の担当官は、故人やそのご遺族に関係関連のありそうな全ての金融機関で過去数年分の預貯金の流れを把握した状態で調査が始まりました。しかし、当事務所では必ず故人やそのご遺族の預貯金の流れも確認させていただくことを求めています。その結果、本件税務調査でも特段の問題もなく終了することができ、依頼者にもご満足いただけました。

私達専門スタッフにお気軽にご相談ください。

  • 専門スタッフ
  • お問い合わせ

サービス案内

  • 相続
  • 事業承継
  • 税務セカンドオピニオン
  • 銀行対策支援
  • 医業特化
  • 介護事業特化
  • 建設業特化
  • ご相談・お問合せはお気軽にどうぞ 011-204-7716

専門スタッフ

宮武 均

宮武 均
詳しく見る

横山 仁

横山 仁
詳しく見る

髙橋 徹

髙橋 徹
詳しく見る

森 麻里

森 麻里
詳しく見る

保浦 孝充

保浦 孝充
詳しく見る

佐々木 義治

佐々木 義治
詳しく見る

鹿内 幸四朗

鹿内 幸四朗
詳しく見る

加藤 るり子

加藤 るり子
詳しく見る

武石 朋子

武石 朋子
詳しく見る
  • 日本相続知財センター札幌
  • 一般社団法人 相続診断協会

PAGETOP