中野会計事務所トップページ >>  スタッフブログ  >> 年少兵の記憶を語り継ぐ

スタッフブログ

年少兵の記憶を語り継ぐ

投稿者:宮武 均岩内

|2014年09月03日(水)

ブログ投稿3回目となります、苫小牧事務所宮武です。

DSC00388_R.jpg今回は、私が担当させて頂いている
(株)小林組の小林忠男会長をご紹介します。

ブログタイトルは「年少兵の記憶を語り継ぐ」です。
これは平成26年6月2日に新聞でも取り上げられた記事を
参考にしております。

前月の15日は69回目の終戦記念日でした。
私も「戦争を知らない昔の子供」ですが
あの忌まわしい戦争の実態を風化させる事なく
後世に語り継ぐ必要があると小林会長のお話を聞いて感じました。

小林少年は昭和20年1月、14歳で年少兵に志願し
横須賀の海軍通信学校に入校されました。
年少兵とは戦力不足を補うため設けられた制度で
14歳~16歳が対象だったようです。
小林少年は銃の撃ち方や暗号の訓練を受け
同年7月に青森県の大湊海軍通信隊に配属されました。

厳しい訓練や空襲警報が鳴り響く緊迫した日々は
僅か14歳の小林少年にとって
筆舌に尽くし難い恐怖であったと思います。

14歳の少年が国のために命を捧げる決心をし
厳しい訓練に耐えていた事を考えると
諸問題が山積している現代ではありますが
今は幸せな時代になったと改めて思い知らされると同時に
先人のおかげでという感謝の気持ちが湧いて参ります。

小林会長は
「何のための戦争だったのか今振り返ってもわからない。
同じ経験をした人と話がしたい」
と仰っております。

私の父も戦争経験者でありましたが
父が元気な時には話をする機会がありませんでした。
小林会長を父と思い当時のお話しを聞こうと思います。

連絡先は (株)小林組 01457-2-2121 まで
ホームページはこちらからどうぞ:http://www.kobayashi-gumi.co.jp

DSC00385_R.jpg

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP