中野会計事務所トップページ >>  スタッフブログ  >> ゆれる在職老齢年金

スタッフブログ

ゆれる在職老齢年金

投稿者:中田 峰子岩内

|2019年10月30日(水)

nenkintecho_R.jpg

 いま国では、会社等に勤務し基準額以上の収入がある人の年金を減らす、「在職老齢年金制度」のうち、65歳以上の人の基準額の見直しがすすめられています。

 在職老齢年金は、老齢基礎年金(国民年金)を除いた、老齢厚生年金と賃金を合わせた額が、基準額47万円を超えると、超えた分の2分の1を年金から引かれる制度です。

 国はこの基準額を47万円から62万円に見直し、年金が減額される人を減らすことで、65歳以上の人の就労促進を見込んでいるようです。

 実務でも、65歳になる時に自分の年金がどのくらい減るのか 計算してほしいと頼まれたり、賃金収入を減らして年金額を減らされずにもらおうと工夫する人が何人かいますので、在職老齢年金の基準額が上がると、このような心配をしなくても年金と賃金をまるまる全額もらえる人が増えるなと思いました。

 ところが、この見直しには「就労促進に効果が無い」、「将来世代の年金額が目減りしてしまう」等の反対意見もあり、来年の通常国会まではどうなるかわかりません。

 私も将来世代のひとりなので、年金財源には考慮しつつも年金額が目減りすることなく、在職老齢年金が見直されるか注目していきたいです。

 

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP