中野会計事務所トップページ >>  スタッフブログ  >> Windows7サポート終了について

スタッフブログ

Windows7サポート終了について

投稿者:西 克矢札幌

|2019年12月18日(水)

 皆様も耳にされたことがあると思いますが、Windows7サポート終了について、先日お客様に「会計ソフトを更新したら“サポート対象外のOSの為…”って出たんだけど使えなくなるの!?」と聞かれました。

microsoft-237843_640.png

 そこで、Windows7搭載のパソコンをそのまま使い続けた時のリスクについて簡単に解説致します。

 マイクロソフト社によるWindows7のサポートが2020年1月14日に完全終了します。

 そもそもWindows7とはなにかというと、コンピュータの【OS】の種類です。

 OSとはコンピュータを動かすための基盤となるソフトウェアで、コンピュータ全体を管理・制御しています。コンピュータで使用する様々な機能やプリンター等の外部機器との接続にもなくてはならないものです。

 OSで代表的なものはマイクロソフト社のWindowsとApple社のMacOSだと思います。

 最近ではパソコンよりも使う頻度が増えたスマートフォンにもOSはあります。Apple社のiPhoneに搭載されているiOS、Apple製以外のものはほとんどがAndroid OSです。

 ではそのOSのサポートが終了するとはどのような意味を表すのか。一番影響があるのは「セキュリティ」ではないでしょうか。

 特にインターネットの世界では日々コンピュータウィルス等の脅威にさらされています。そういった脅威に対応する為、サポート期間中はセキュリティを改善するプログラムが提供され対策されていますが、これがサポート終了によりなくなる為、今後は新たな脅威への対策がされないことになり、個人情報の漏えい等のリスクが高まります。

 その他にも、最新のプリンターやスキャナーを購入するとWindows7搭載パソコンでは利用できない可能性も出てきます。私たちの周りで目にする会計ソフトも、将来的に最新のバージョン等に対応しなくなるときが来るでしょう。

 即座にWindows7搭載のパソコンが使用できなくなるわけではありませんが、様々な面でリスクが増していくことは確かです。

 今からでも遅くはないと思います。Windows7をお使いの方はそのまま使用し続けるかどうかをご検討されることをお勧めします。


 

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP