中野会計事務所トップページ >>  スタッフブログ  >> 秋の改正!厚生年金保険料率と最低賃金

スタッフブログ

秋の改正!厚生年金保険料率と最低賃金

投稿者:小林 寛奈岩内

|2017年09月20日(水)

もみじ.jpg

法改正といえば新年度が始まる「春」がイメージされますが、
実は「」にもいろいろと変わることがあります。

今回は2つの改正についてお知らせ致します!

① 厚生年金保険料率

 平成29年9月分から厚生年金保険の料率が引き上げられ、会社と本人負担分合計で18.3%となります。

 また、定時決定により見直された標準報酬月額についても9月分から適用されるので、そちらも合わせてご確認ください。

 切り替えの時期については、会社によって当月分の社会保険料を当月支払給与から引くか、翌月支払給与から引くか異なっている場合があるので、注意が必要です。

 平成29年9⽉分(10⽉納付分)からの厚⽣年⾦保険料額表.pdf

② 最低賃金(地域別)

 地域別の最低賃金は毎年10月頃に改定されています。

 平成29年10月1日発効の北海道の最低賃金は810円となり、現行より24円の引き上げとなりました。

 発効年月日は都道府県によって違いますが、発行日以降の賃金は改定された金額以上でなければなりません。月給制の場合だと最低賃金を意識しづらいですが、時給に換算した金額で比較する必要があります。

 最低賃金制度

給与明細書.png

どちらも給与にかかわることなので、給与計算の際にはくれぐれもご留意ください。

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP