中野会計事務所トップページ >>  スタッフブログ  >> 医療法人のメリット

スタッフブログ

医療法人のメリット

投稿者:佐々木 義治札幌

|2017年09月27日(水)

 厚生労働省の医療施設動態調査によると、全国の一般診療所数は約10万件ですが、このうち約半数が医療法人だそうです。

 医療法人は一般の会社と違い「医療法」により設立される法人で、各都道府県の認可を受けて設立されます。
 

医療法人の主なメリットは次の通りです。

①経営と家計の分離
 
②医療法人として附帯業務を営むことができる(介護事業など)

doctor-yubi.png

③分院の開設ができる
 
④所得税と法人税の税率差による節税効果がある
 
⑤家族を理事に就任させ報酬支給をすることにより
 所得分散がしやすくなる
 
⑥給与所得控除の活用による税の軽減効果がある
 
⑦役員退職金を経費に計上できる
 
⑧生命保険料を経費に計上できる
 
⑨相続対策がやりやすくなる
 
⑩事業承継がしやすい
 
 個人の税金はいわゆる「超過累進税率」のため、高所得者ほど税率が高くなり、現在の最高税率は55%にもなります。
 
 このため節税目的で「医療法人化」を検討するドクターは多いのですが、設立手続きが非常に複雑で時間もかかるため、躊躇している方が多いのも事実です。
 
 当事務所では医療に専門特化しており豊富な実績がありますので、法人化すべきかお悩みの先生は是非お問い合わせ下さい!
 
 
  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP