中野会計事務所トップページ >>  スタッフブログ  >> 給与(賞与を除く)に対する源泉徴収のしかた

スタッフブログ

給与(賞与を除く)に対する源泉徴収のしかた

投稿者:林 俊一札幌

|2022年05月02日(月)

税理士 林 俊一のコラム(第94回)

林先生0502.jpg

 会社は、給料や賃金等を支払う際に源泉徴収をすることとなっています。
 源泉徴収をする所得税等の額は「給与所得の源泉徴収税額表」を使って求めます。
 給与所得の源泉徴収税額表には ①月額表と日額表の2種類 ②甲欄と乙欄並びに丙欄の区分 ③給与等の支給方法に応じた区分があります。

 それぞれ次の表のとおりとなります。




※1 「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している人に支払う給与については「甲欄」
   その他の人に支払う給与については「乙」欄を使って税額を求めます。
※2 日雇賃金とは、日々雇い入れられる人が、労働した日又は時間によって算定され、かつ、
   労働した日ごとに支払いを受ける給与をいいます。
※3 ④から⑥は日雇賃金を除きます。
※4 パートやアルバイトに対して日給や時間給で支払う給与は、あらかじめ雇用契約の期間が
   2か月以内と決められていれば、「日額表」の「丙欄」を使って税額を求めます。

 
 

札幌事務所 所長 税理士 林 俊一

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGETOP